月別アーカイブ: 2015年2月

中学受験における親の重要性とは

高校受験や大学受験は子供自身の受験と言われますが、
中学受験は親と子の受験と言われています。
小学生はまだまだ自分の将来について具体的に考える力が
未熟です。また、まだまだ子供らしい年齢で、お友達と遊びたい
さかりの世代でしょう。
そんな子供の将来にとって、どの学校を選択したら良いかは、保護者の
判断が大きくかかわってきます。
また、子供を勉強に促し、結果をださせる
方向に導いていくのは親の大きな役割です。
子供の性格を見極め、どうやったらやる気をだし積極的に
学習に取り組むか考えなくてはいけません。
ついつい口うるさく言ってしまいがちですが、それは抑えて、
あの手この手で子供に自信をつけさせるのです。
また、中学受験は小学校で習う勉強の範囲を超えたレベルのことを
受験対策として行います。
学習面に対しても、親がしっかりとフォローできるだけの学習力
も必要となってきます。
子供と一緒に親も学力をつける気持ちで取り組みましょう。
そして、成績が順調に上がればたくさん褒め一緒に喜んであげる
ことが大切です。思うように成績が伸びない時期は、焦る時もあるでしょうが、
親が落ち着き励ましてあげましょう。
中学受験は、対策のため塾通いをする子供が多数です。
塾でのお弁当を作ったり、送り迎えをしたりと親が子供を全力で
支えることが必要です。
子供への関わり方で中学受験の成果が変わることが多いので、
しっかりと子供に向き合い支えていくと良いでしょう。