中学受験と理科の勉強法について

中学受験をする上で理科の勉強は避けられませんよね。しかし実際のところは多くの受験生が理科の勉強法に対して戸惑っている様子がうかがえます。また受験生の親御さんも、父と母が文系だから子供が理科が苦手でも仕方ないと諦めているケースも見受けられます。しかし中学受験においては文系、理系の差はほとんど問題ありません。そこで中学受験の理科の勉強法について詳しく紹介していきます。
まず、計算問題が苦手で問題に取り組む前の段階から苦手意識を持っている受験生が多いようですが、実は計算分野のほとんどは比例、反比例に関係のある問題なのです。そこで、算数で学ぶ比例、反比例を重点的に勉強することによって算数での得点アップも期待できるでしょう。
そして実際の試験問題の多くは実のところ、記述式の問題よりも選択式の問題のほうが圧倒的に多いのです。つまり消去法による解答も可能なのです。しかしはじめから消去法をあてにするのではなく、日ごろから問題集をこなしていく中で間違えた問題の選択肢についてはひとつひとつ何が間違っているのかを必ず吟味するようにして下さい。
また理科の問題の中にはしっかり勉強しても得点することが難しい超難問も出題されます。しかし合格のためにはこの手の問題を正解する必要はありません。それよりも普段の勉強から基礎や標準レベルの問題を数多くこなしてください。合格得点に達するためには難問を正解する必要は実は無いのです。