中学受験と個別指導と集団指導のメリット・デメリット

子どもを中学受験させようと考えたとき、どのような勉強法がいいか悩むところです。モチベーションや学力がもともと高ければ、独学も可能かもしれませんが、近年の入試情報や入試対策を得るために塾を選択する人は多いです。実際に毎年の中学受験情報を豊富に持っているので、その情報を得られるのはひとつのメリットといえます。

では、塾選びにはどのような点に注意したらよいでしょうか。まず、塾には大きく分けると個別指導と集団指導の二つがあります。個別指導はマンツーマン、あるいは数人の少人数で授業を受ける形式です。メリットとしては、その子どもに合った勉強法で指導してくれることです。得意分野をさらに伸ばし、弱点を重点的に克服できるようみてくれる点です。逆に集団指導の場合は、この点がデメリットとなります。学力別に大きくクラス分けをしていても、細かい部分の弱点は個人差があります。集団の中では恥ずかしくて質問しにくい、という性格の子どもにはあまりおすすめではありません。個々に合わせた指導が難しいところが集団指導のデメリットといえます。

集団指導のメリットは、同じ目標を持つ生徒たちがいることでモチベーションが上がることです。仲間がいることでやる気が出せるタイプの性格の子どもに向いているといえます。また、個別指導より塾の費用が安い点がメリットといえます。

どちらにせよ、自分の子どもに合った塾を選ぶことが大切です。講師との相性や塾までの通学時間などを含めて、納得のいく塾を選ぶことが大切です。