中学受験と服装について

中学受験において服装は合否の判定の大切なポイントの一つです。面接時には当然、服装がチェックされます。まず第一に大切なのは清潔感が感じられるかです。その為には白を基調とした服装選びがいいのではないでしょうか。派手な格好、かわいらしい色彩は中学受験の場に相応しいとは言えません。面接官は服装を通して、本人及び保護者がどのような考えなのかを見極めようとするものなのです。面接な大切な自己アピールの場です。面接の内容は勿論大切ですが、受け答えは誰もが大切だと思って十分な練習をしてくるもので大きなポイントの差は開きません。面接官がより注意を払うのは服装なのです。目立つ必要性はありません。全体に清潔感が感じられることが大切なのです。そして次に大切なのは足元です。上着に関しては十分な注意を払って問題がない場合が多いのですが、足元への注意が行き届いていない場合があります。例えば靴紐の紐はきちんと結ばれているでしょうか。ほどけていたり、汚れていたりはしていないでしょうか。靴下はめくれあがったりはしていないでしょうか。面接をする際には、足元は意外に目立つものなのです。面接官はそのようなポイントを見逃しません。中学受験だからと言って特別な服装は必要ありませんが、それだからこそ清潔感が大切なのです。そして最後に注意しなければならないのは、チェックされているのは面接の時だけではないことです。試験に臨んでいる会場でも巡視されながらチェックされいることを忘れてはいけません。